マカよりスゴイ?!「クラチャイダム」ってなんだ?

今ネットで話題の精力食材といえば「クラチャイダム」ではないでしょうか。
マカの2倍以上のアルギニン量があるとして、今の精力剤のほとんどに使われています。

タイでは1000年以上も前から愛用されているハーブ

まず、クラチャイダムとはマカと同じように植物になります。
タイヤラオスといった東南アジアが原産です。
原産国のタイでは1000年以上も前からその効能に注目されており、滋養強壮、精力増強に効果がある植物として有名です。

05_02_kurachaidamu

クラチャイダムはタイヤラオスだけではなく日本でも生産されています。
それは沖縄県。
気候が似ているからでしょうね。
日本では唯一、沖縄でのみ栽培されています。

クラチャイダムはマカよりも知名度は落ちるんではないでしょうか。
しかし、ここ最近注目度が増しており、クラチャイダムは「黒生姜」、「ブラックジンジャー」、「黒ウコン」などの別名もあります。
沖縄では黒ウコンと呼ぶ人が多いようです。
クラチャイダムはショウガ科の植物です。
ウコンも、生姜もショウガ科の植物です。
なるほど、ここから別名が付けられたのでしょう。

アルギニンとフラボノイドが主成分のクラチャイダム

クラチャイダムはマカの2倍以上のアルギニンを含んでいると言われます。

アルギニンは勃起に不可欠な一酸化窒素を生成するため、精力剤、ペニス増大サプリには必ずといっていいほど入っている成分です。
アルギニンは精子を構成しているタンパク質であり、その働きは、血管を拡張させてペニスに血液を送りやすくします。
このアルギニンがマカの2倍以上!となれば世の男性たちは黙ってられないでしょう。

他にも抗酸化成分のフラボノイドも含有しています。
フラボノイドは植物に含まれているポリフェノールの一種で、勃起に影響する血流改善の他に、視力の改善、生活習慣病の予防、アレルギーの抑制効果などがあります。

「自分のペニスに自信がある!」といえるのは少数派でしょう。
日本人の多くが自分のペニスにコンプレックスを持っています。
とくれば、精力剤にクラチャイダムを使った商品が増えるのは世の常、といった所でしょうか。
今は本当に、クラチャイダム商品が増えていますが、自分に合った商品を吟味して購入するようにしましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

ゼファルリン公式サイト