ストレス・自律神経に効く万能ツボ「百会(ひゃくえ)」とは?

ストレスや自律神経失調症、不眠症などに効果がある「百会(ひゃくえ)」というツボ。
その他にも痔や頭痛、抜け毛なんかにも効果があるようです。
百会は頭の頂上、てっぺんにあるツボです。

なぜ百会が万能のツボと呼ばれているかというと、「百」のように多種多様にある経絡が「会う」場所(出会う場所、交わる場所)であるという由来に起因します。

ストレスなどが原因でEDを発症する人もいます。
ストレスが多いと感じている人にはぜひ押してもらいたいツボです。

場所
頭のてっぺんにあります。
左右の耳を結んだラインと、眉間の中心と後頭部の中心を結んだラインが交わった場所が百会です。
百会の場所を指で押すとプニプニへこむ所があると思います。
そこが百会です。
つむじの場所と感じ違いしやすいですが、つむじと百会は無関係です。

02_35_hyakue

押し方
両手の中指を使って指圧します。
ゆっくりと5秒押して5秒離すという繰り返しを20回~30回ほど繰り返しましょう。
体の芯を意識して、内臓に向かって押すようなイメージを持つと効果的です。
リラックスした状態で押すと効果が上がるので、お風呂あがりなどが有効です。
トントントントンと中指で叩いて上げる方法も効果がありますので実践してみてください。

百もの経絡が交わるツボ「百会(ひゃくえ)」という名前からも想像できますが、全身の様々な病気に対して効果があります。

百会は自律神経と直結しているツボなので、自律神経の働きを整えてくれます。
自律神経は全身の血管や内臓の働きをコントロールしている神経です。
自律神経を整えることで、体全体の健康をコントロールしてくれます。
特に、頭痛や抜け毛、脱肛や痔に効果があるツボとして知られています。

百会はストレス軽減・癒しのツボ

百会と直結している自律神経には、体の疾患だけでなく、精神的な症状にも大きく影響しています。
自律神経は、緊張した時や興奮している時に「交感神経」が活発になり、リラックスしたと状態や寝ている時に「副交感神経」が活発になります。
1日の生活の中で交感神経と副交感神経が交互に働き、神経を正常に保っています。

ここで注意したいのが、ストレスを感じた時に交感神経が活発になること。

ストレスを感じたら、百会を押しましょう。
交感神経の働きを抑制し、副交感神経が働くように促してくれます。

ストレスの多い現代社会、百会を使って上手にストレス発散、精力アップを目指しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

ゼファルリン公式サイト