「新宿形成外科」なら男のペニス治療はオールOK!

新宿は歌舞伎町にクリニックを構える「新宿形成外科」。
男性泌尿器科の専門医院として50年以上も続いているクリニックです。
その手術実績は何と22万人以上。
高度な技術と、下半身(ペニス)のアドバイザーとしてかなり定評があります。

土地柄、夜の仕事関係者が多そうな感じもしますが、歌舞伎町で50年の実績を誇っている秘訣は、なんといっても「インフォームド・コンセント」を大切に考えているためでしょう。
そんな新宿形成外科の特徴や魅力を徹底解説です。

04_34_shinjukukeisei

新宿形成外科の増大手術

新宿形成外科の増大手術は亀頭増大系が3種類、長茎術が2種類あります。
主なものを紹介しましょう。

手術名 費用 特長
亀頭増大術
コラーゲン
ヒアルロン酸
アクアミド
10万円~/1cc 亀頭に薬剤を注入し亀頭の増大を図る手術。
コラーゲンやヒアルロン酸は体内にある安全な成分ですが、効果は短いですが、アクアミドはアレルギーなどの心配がありますが、効果は半永久的です。
ちなみに新宿形成外科ではアクアミドの使用をあまり勧めていません。
長茎術 35万円 体内に埋もれているペニスを引っ張りだして、ペニスを長くする方法。
切る手術と切らない手術があり、新宿形成外科では切る手術を勧めているようです。

新宿形成外科の特徴

新宿形成外科はペニス治療の専門医院です。
だからこそ言える、泌尿器系の病院選びのポイントがあります。
そのポイントとは3つ。

1、ペニス治療を行う際は、ペニス専門医院もしくは、ペニス治療の専門医で行うべし

多くのペニス治療のクリニックは美容外科と一緒になっています。
アルバイトの医師などに手術を任せるケースもあるので、泌尿器科専門の病院かクリニックで治療を受けましょう。

2、担当医師がカウンセリングから手術、アフターケアまでやってくれる病院を選ぶべし

治療はカウンセリングから始まり、手術、アフターケアまで数段階あります。
その度に違う医師が担当するのでは、治療内容の正確な伝達ができなくなります。
カウンセリング時に手術やアフターケアの担当医師を確認するといいでしょう。

3、広告や質問に曖昧な表現、回答がないか?

ペニス治療で重要なのは最初のカウンセリングです。
この時に疑問に思ったことをすべて聞きましょう。
料金は?手術時間は?担当医師は?治療方法は?追加料金はないか?などなど。
病院やクリニックのサイトで見た情報で分からない点は素直に質問しましょう。
そこで、分かりやすい説明があるか、曖昧な回答ではないか、真摯に回答しているか、などをチェックすることが重要です。

このように、ペニス治療医院の選び方を教えてくれています。
気になった方は、まずは公式サイトをチェックです。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

ゼファルリン公式サイト