ペニスの構造と大きくなる理由を知ってトレーニングしよう!

チントレを行う前に知っておきたい知識として「なぜ、チントレでペニスが大きくなるのか?」があります。
要はチントレでペニスが大きくなる理論。
コレって知らなくても、何も問題はありません。

しかし、最近のスポーツトレーナーなどは科学的トレーニングを取り入れており、トレーナーが選手にトレーニングの意図や意味、理論的な説明をする傾向があります。
これは、そのトレーニングの意図や意味を理解することで、鍛える筋肉に意識を集中させることができるためです。

意識を集中させるだけで、トレーニングの成果がまるで違うという研究結果もあるほどです。

チントレも同じように、その増大理論を理解することで、トレーニングの効果を上げることができます。
といって、チントレの理論はそんなに難しくありません。
ここでちょっと学んでみましょう。

ペニスの大きくなる理由

まずはペニスの構造を知ろう!

ペニスは3本の組織から成り立っています。
陰茎海綿体という組織が横並びで2本あり、その下に尿道海綿体という組織が1本伸びています。
この3本の組織がペニスの骨格となっています。

この海綿体という組織が重要で、海綿体が血液を含んで大きくなると、その大きさを持続させる働きがあります。

海綿体を分かりやすくいうと「ゴム風船」です。

ゴム風船は一度膨らませて、しぼんだとしても、最初より若干大きくなっていると思います。
これはゴムの繊維が伸びたことで、最初よりも大きくなるためです。

ペニスの海綿体もゴム風船と同様、一度血液を吸収して大きくなると、その後、小さくなった後もその大きさを保とうとします。
でもコレって、通常の勃起では意味がないです。
なぜなら、通常の勃起でペニスの海綿体に流れ込む血液量は、いつもの量と変わりません。
ゴム風船と同様、限界を超えた空気量や血液量を送り込まなければ、ペニスもゴム風船も、いつも通りの大きさ以上にはなりません。

この限界を超えた血液量を生み出すのがチントレであり、増大サプリであり、増大器具なのです。

もっと踏み込んだ説明をすると、海綿体というのは一つ一つの小さな細胞です。
この細胞がゴム風船の様な役割を果たします。
ペニスにいつも以上の血液量を送り込んでやるために、チントレやサプリや増大器具を使うのです。

このことを意識してチントレに励んでみましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

ヴォルスタービヨンド公式サイト