婦人病で悩む彼女に「血海(けっかい)」を押してモテよう!

今回は彼女や奥さんの健康を保つための、女性特有のツボをご紹介しましょう。
その名も「血海(けっかい)」。
血の海と書いて血海です。
血海の「血」は血液や血流のことを指し、「海」は大量に集まっている場所のことを指します。
つまり、血液に関する症状に効果のあるツボなのです。
婦人科系の症状に効果を発揮するので、覚えて彼女や奥さんを気持ち良くさせてあげましょう。

場所
膝の内側にあるツボです。
膝のお皿の内側のところから、指3本分上がったところにあります。
血海付近を押してみて、痛みや反応を強く感じる場所が血海です。

血海

押し方
両手で太ももをつかむようにして、親指で押し込んでいきます。
グッグッとゆっくり押し込んで5秒キープします。
5秒たったら、5秒かけてゆっくり緩めます。
この繰り返しを5回~10回行うといいでしょう。

この「血海(けっかい)」は婦人病や生理不順、生理痛が激しい時に押してあげると、痛みが緩和されるツボとして有名です。

また、足の冷え性や、更年期によるイライラを抑制してくれるツボでもあります。
彼女や奥さんが上記のような症状に悩んでいたら、「俺に任せな!」といって、血海のツボを押してあげましょう。
彼女のイライラが治まり、生理が終わったあとはいつも以上のサービスをしてくれるに違いありません。

彼女・奥さんが更年期障害に悩んでいたら

更年期障害、女性特有の病気と思われがちですが、男性にも発症する病気です。
もし、アナタの奥様や彼女が更年期障害を発症したら、どのような症状が出るのでしょう?

更年期障害はホルモンバランスが崩れることで起こるといわれています。

ホルモンバランスが崩れると、時間を問わずイライラしたり、のぼせるような感覚に陥るそうです。
のぼせる症状を「ホットフラッシュ」と呼んだりしています。

ホルモンバランスが崩れると血行障害を誘発します。
血行障害になると、上半身に血液が上り暑い状態に、下半身に血液が足りなくなり冷えた状態になります。
この状態を「冷えのぼせ」と言います。

このような症状をアナタのパートナーから感じ取ったら、血海のツボにお灸を添えてあげると効果的です。

血海にお灸を当てると血行が良くなり、ホルモンバランスが改善されます。
最終的には更年期障害も改善される可能性もあります。

「血海」女性のためにも覚えておくと良いツボですよ。

コメントを残す

サブコンテンツ

スポンサードリンク

ゼファルリン公式サイト